FXはレバレッジを掛けすぎない方が上手く行きます

FXはレバレッジを掛けすぎない方が上手く行きます

私は書店でFXで大儲けしたと言う本を見てから、FXに関心を持つようになったのです。
そして色々と勉強をして、FX取引を始めました。
私は少しでも短い期間で大きく稼ごうと考え得ていたので、レバレッジを限度いっぱいまで掛けて取引を始めたのです。
そのおかげで少ない資金でも大きな取引が出来、値動きの少ないFX取引でも大きな利益を上げられると思いました。
確かにレバレッジを目いっぱいかけた事により、大きく利益を上げることができました。
しかしそれと同時に、損失も大きく被ってしまったのです。
折角大きな利益を得たのに、その後に大きな損失を食らってしまう事があり、結局利益を帳消しにしてしまう事になってしまったのです。
ですからいつまで経っても利益を増やす事が出来ず、私の取引は行き詰ってしまいました。
そこで私は考え、レバレッジを大きく取る事をやめたのです。
それによって大きな利益を得る事は出来なくなりましたが、大きな損失も被らなくなってくれました。
レバレッジを大きく取らなくなった事により、リスク管理がしやすくなり、損失が被りにくくなりました。
そのおかげで相対的に利益が大きくなるようになり、徐々に利益を増やす事が出来るようになったのです。
FX取引を始めたばかりの人は、大きく儲けようと考える事が多いですから、レバレッジを掛けすぎてしまう事が多いと思います。
ですがそれだとリスク管理が疎かになってしまい、結局損失の方が大きくなってしまい、大きな利益を得る事が出来ないのです。
私は失敗からレバレッジを掛けすぎない方が良いと言う事を学びましたが、これからFX取引を始める方は最初からレバレッジを掛けすぎずに、上手く取引をして欲しいと思います。