FXは絶え間なく取引するよりスクエアで様子見も大切

FXは絶え間なく取引するよりスクエアで様子見も大切

取引に慣れてくると最初は慎重にFXをしていたのにいつの間にかそんな気持ちは薄れてきて、画面に取引画面を出しているときは常に一つはポジションを持っていないと気が済まなくなり、気がつけばあまり考えずにFXをしているといったことが誰しも一度はある経験でしょう。
でも為替相場の未来の値動きを十分に分析せずにいきなり取引をすると余程ラッキーな相場でない限り負けてしまいますし、ヤマ勘に頼っていたらそれはもはや投資ではなくギャンブルと言ってもいいくらいいい加減な取引になってしまうので、ポジションを持たずに冷静になる期間もFXでは必要です。

 

チャートを見ているとレートが上下するたびに何らかの根拠を見出したくなってしまい、それにつられて取引欲が抑えられなくなるというのは相場に熱くなっているとよくあることだけれど、この欲求を我慢して取引を休むべきときは休むのが損失を減らしていくのが大事になってきます。
クリック一つで注文が出せるからとてもお手軽に取引できるものの、画面の向こう側にはFXで生計を立てている猛者がたくさんいるわけだから、一般投資家でも最大限努力していかないと稼ぎ続けるのは難しいので自分に厳しく手法に沿ったルールを心がけることが大切なのです。

 

今は取引するタイミングじゃないということがわかってくればそれと同時にここは大きく張らないといけないチャンスというのも一目で確認できるようになるので、スクエアの状態でも落ち着いてチャートを見て無意味な損失を回避できれば一人前の投資家だといえます。