毎日現実的に狙えそうな値幅を目標にFX

毎日現実的に狙えそうな値幅を目標にFX

初心者の方はFXを始めたばかりだと今一番欲しいものに向けて自分の手が届く範囲の金額を目標にしたり、もしくはそれとは正反対に有名トレーダーのように短い期間であっという間に増やしていって夢のような資産を作りたいと考えることが多いかもしれません。
でも取引を続けていくと少ない額を目標にしたらなかなか増えていかないし、ましてや莫大な資産を築こうと思ってもそれはすぐに達成可能ではなく現実とのギャップを感じるはずなので、適切な利益の目標を早急に考える必要性が生まれます。

 

私自身が今まで取引してきた中で一番ちょうどいいと感じているのがデイトレなら20から30pipsくらいの値幅を一日のトータル目標に掲げることで、どんなときでも無理せずそしてしっかりと取引を行えて資産を増やせることに成功しています。
一日の収支がその程度だと物足りないと感じる人も多いかもしれませんが、本来投資はギャンブルではなく堅実な増やし方に向いているためリスクと利益のバランスを考えた結果、このくらいの値幅が妥当だと思うのです。

 

プロでも年利で数割増やせば上々と言われているから投資の素人の私たちもそれに倣って謙虚に取引することが勝ち組へ近づく道だと感じていますし、控えめな値幅でも定期的に枚数を増やしていけば一度の利益額は上がってくるから慎重すぎるということはないと思います。
増やし方もその日のトータルで見ればいいので一回の取引で30pips取るのも良く、何回かに分けて損切りも含みつつ同じ30pipsを目指していくのも悪くない取引方法だといえるから、手法に関しては各々の得意なやり方を使うのが一番です。

 

このとき就寝間際でもまだ運悪く目標に届かないからといって、普段とは違う無茶な取引をして必ずノルマを達成しようという欲を出さないことが大きな損失を防ぐためのルールです。
目標はFXを続けるためのただの目安だから絶対守らないといけないものではなく、毎日取引をしていれば調子が悪い日だってあるからそんなときは早めにFXを切り上げて寝ると、気分がリフレッシュして次の日は生まれ変わった気持ちで取引できると思います。