ユーロの上値が重いなんてニュースを見るまで気づかなかったよ

ユーロの上値が重いなんてニュースを見るまで気づかなかったよ

私にはそんな風には見えなかったけど、ユーロの上値が重い!とのニュースが入ってきました。東京時間の午前はユーロが調子悪いか。でも、豪ドル円の方が見ている限りでは目立つし、調子が悪いのが明白。調子が良くないのは、豪ドル円だけだと思っていたので、とりあえず教えてくれてありがとう。わかったからには消しゴム式で考えていくようにする。調子の良くない通貨はトレード候補には入れずに、調子の良い通貨だけを見ていくと。もうすでに2つの通貨が候補から消えました。そうなれば、米ドル円、ポンド円ですね。ニュージーランドドル円は豪ドル円とそっくりショーなのでやめておきます。ユーロの調子が上向かない理由は、今週5月29日までに公務員給与と年金を支払わなければならないという仕事がある上に、さらに来週にはIMFへの約3億ユーロの返済が控えているからだそうです。先週、ギリシャの首相は緊縮措置をこれ以上受け入れることはできないという発言をしています。何年も前から問題になっているギリシャの債務不履行懸念やユーロ圏離脱の可能性がユーロに重くのしかかっています。なんかまた欧州時間に入ると相場が荒れそう。東京時間は平穏で欧州時間になるとゲリラ豪雨のような相場がやってくる。急いで避難しないとねっ。小動きになっている東京時間で米ドル円でスキャルピングして早く逃げ切って1日を終了させる。あとは荒れやすい欧州時間をやめてニューヨーク時間でやるとか。とにかく欧州時間は落ち着くまでの間、また中止だ。豪ドル円の日足を使ったテクニカル分析レポートが入ってきました。今は確認しているところです。ポイントになるのが21日移動平均線で、それが下回ったところで豪ドル円がしっかりと推移しなければ94.52付近の水準へと向かっていく可能性があるよ!ということでした。この通貨、底堅く推移するかなぁ?今のところは、今朝割った95円を回復して、95.13と高値圏の近くに来ています。可能性はハーフハーフ。