手法の検証は必須です

手法の検証は必須です

FXで勝つためには手法の検証がとても大事で、これは必須です。
2007年くらいまでの対円通貨ペアは長い上昇トレンドを築いていました。
そのために、ひたすらロングポジションを積み上げていくだけで、大きく稼ぐことができたことは記憶に新しいのではないでしょうか。
しかも、当時は為替差益のみならず、スワップポイントだけでも相当なものだったので、ダメ押し的な破壊力まで持ち合わせていたので、逃げきれた人たちは羨ましい話ですね。

 

現状はスワップポイント狙いなど形骸化し、いかにチャートを読み解いて為替差益を抜き取れるかが成功の可否となりますが、以前の簡単な一本道のような相場状況の影響が残っておいて、いまだに簡単に勝てる風潮があるのは好ましくありません。

 

勝ちたいのならばしっかりと検証することです。
検証さえ続けていけば、自信に繋がりますし、読めるようになってきます。

 

検証は、いわばトレーニングのようなものです。
みどりのマキバオーは白い奇跡と言われてきましたが、特徴はどの馬よりも抜きん出た根性です。この根性に重きを置かれがちですが、新走法を身につけたり、それをまた改良したりと地道な努力とトレーニングでハードに鍛えあげていました。超根性だけでいい勝負を繰り広げていたわけではなく、それを支えるハードなトレーニングがあったからこそ、あそこまでカスケードやニトロニクス、アマゴワクチンに肉薄したのです。それが相場における背景のようなものでしょう。

 

とにかく検証を毎日の日課にしてください。検証する時間がないと仰っている方の中には、そのくせトレードを行っている場合があります。そのトレードの時間を検証に充てるのです。検証しまくってからトレードを行う強い精神が必要です。地味な作業感が残り飽きてしまいがちですが、それこそが勝てている人と勝てていない人を明確に分けるものなのです。

 

FXはむずかしい投資ではありませんが、簡単ともいえません。しかるべき努力をすべきで、それが検証なのです。