「レバレッジ」とは何?

「レバレッジ」とは何?

FXには「レバレッジ」というものがあります。これは日本語で「てこ」という意味で、少ない資本金で大きな取引ができるようになることを表していています。はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預けることで、そのお金の何倍もの金額が取引できる制度。これが「レバレッジ」です。
例えば、1万円の証拠金で10倍のレバレッジをかければ10万円として取引ができます。もし、通常の1万円の取引で1000円の利益が出た場合、10倍のレバレッジをかけていれば1万円の利益に膨らむのです。しかし、これが損失の場合、1万円の取引で1000円の損失が、10倍のレバレッジで1万円の損失になります。
このようにレバレッジをかけると、利益や損失も比例して大きくなるのです。ちなみに、レバレッジの上限は取引会社によって違っているので、初めのうちは2~3倍から始めるのがいいと思います。
では、この「レバレッジ」。一体何故このような取引ができるのでしょうか。それはFXの決済方法が、取引で生まれた差額分だけを決済する「差金決済」という方法だからです。これは、例えば1ドル100円で1万ドル買ったとします。しかしこの時に100万円を渡すわけではありません。その後1ドル110円になり1万ドルを円に戻すと、110万円になります。この時も110万円を受け取るわけではなく、差額である10万円分のみ受け取ることになります。逆に、1ドル90円に下がると90万円になります。この時も差額である10万円分のみ損することになります。これが「レバレッジ」を可能にする差金決済という方法なのです。
次は、レバレッジで大損してしまった場合について。証拠金の何倍もの額で取引して大損した場合、証拠金が足りなくなったらどうなるのでしょうか。FXではそうならないために、「ロスカット」というシステムがあります。これは簡単に言うと、損失が大きくなると自動的に強制決済が行われるもので、基本的に証拠金以上の損失が出ることがないようになっています。