取引の勝率よりFXでは資産の増減を考える

取引の勝率よりFXでは資産の増減を考える

何度も勝ち負けを経験していくと次第に小さい利益の高い勝率よりも、勝つ頻度に心許なくても一度に大きい利益の取引をするほうが長く続けるには有利に思えてきて、スキャルピングじゃないなら行き着く先は利大損小のFXになる人が増えていくかもしれません。
初心者が連敗ばかりしてしまって思うように利益を上げられないというときは、できるだけ利益はすぐに確保したいけど損失は自分の手法の間違いを認めることになるからまだ様子を見て撤退場所を探したいといった浅はかな考えが多い気がします。

 

それだと一応、感覚的に勝率の高い方法を取っているから勝ちの数が増えていって全体の割合的には負けトレードの数は極端に低くなるはずですが、資産的には良くてイーブンで多くは原資を下回るパフォーマンスになってしまうのです。
負けることを恐れずに取引しないとFXでは大事な場面ですぐ最善の選択をできるかどうかに影響が出ますし、取引で勝つということは高い勝率の維持ではなくてその先にある単純な資産の増減だという意識を頭に入れる必要があります。

 

でも誰でも負けることは嫌だから最初はそれに慣れていくことが大切なので、トレンド相場を構成する短い足を見て直近のレジサポを見ながらそこをブレイクしたところでエントリーすると感覚が掴みやすいと思います。
長い足でトレンドがはっきりしているならそのうちどちらかに動くはずなので意識されているラインを超えたらそこで入って、もしすぐ戻ってきたらレジサポの少し外をストップにしていれば損失は少ないのです。

 

このやり方は必ずトレンド方向にエントリーすることを守るのが重要なポイントなのですが、それでも勝率は高いとは言えないから最初のうちは損切りの多さに心が折れそうになるかもしれません。
ただ、うまく勢いがついて大きなトレンドに乗れたらそれまでの負け回数が気にならないほどの利益を得ることができるから、ブレイクポイント付近で勝率の高い逆張りを何度もしているよりは最終的には成績が上回るはずです。