移動平均線を使った逆張り体験

移動平均線を使った逆張り体験

私は以前移動平均線を使って逆張りをしていました。移動平均線と言うとトレンド系のインジケーターなので、本来であれば順張りに使用するのが普通だと思いますが、その当時はあまりにも相場に動きがなかったので逆張りの方が簡単に利益を出せると思い逆張りに使っていました。実際にしばらくは利益をだせていました。取引方法はとても簡単なものでゴールデンクロスをしたらショートポジションを持ち、デッドクロスをしたらロングポジションを持つといったものです。利益確定や損切りに関しては裁量が入ってくるので一概には言えませんが、この方法で利益を出すことができていました。ゴールデンクロスをして確定すると、相場は上昇相場になると言われていますが、レンジ相場が続いているとゴールデンクロスをした時が売り時というのも珍しいことではありません。特にクロスが確認できた後は一度価格が戻ってくる可能性が高いです。移動平均乖離率を使った手法と似たような考えですが、行き過ぎた価格は戻ってくる可能性が高いと判断して取引をしていました。ただこのような取引方法をしていると、いざトレンドが発生したときには大きく損失を出してしまう可能性があるのでそうならないようにロスカットに関してはしっかりと計算をして大きな損失を出さないようにしていました。せっかくレンジ相場のおかげでコツコツ勝てていても、一回の損失で利益を飛ばしてしまうようなやり方では意味がないのでそうならないように頑張っていました。このようなやり方で約2ヶ月ほど利益を出していました。それからはトレンド相場に変わってきたので、昔からやっている順張りをメインとした手法に切り替えました。逆張り手法はとてもいいものだと思いますが、やはり勢いが出てきたときには危険なので相場をきちんと見て判断することが逆張りには重要だと思います。移動平均線はこのように順張りでも逆張りでも使い方によっては両方の役目を果たしてくれるのでとても便利なものです。